タヒチアンノニ ジュースとは

タヒチアンノニ ジュースとは何か教えますね。
ノニ(学名モリンダシトリフォリア)が原料で作られた
のがタヒチアンノニ ジュースです。
ニノは、ジャガイモと同じくらいの大きさをした緑色がかった
トロピカルフルーツで、おもに南太平洋で見ることが出来ます。
古くから、ノニの果実は何世代にもわたってタヒチの人々の間
で健康に有益な特性があると考えられてきました。
1990年代初頭、食品科学者ジョン・ワズワースは
食品として昔から多くの人々に役立ってきたとい
うノニ果実について興味を持ったようです。
彼は自らの研究を進めるために、また、世界的規模で
製品を提供できるだけの果実の入手が可能であるか
判断するために、タヒチや仏領ポリネシアのいろいろな
島を訪れました。
タヒチアンノニインターナショナルは、ノニが持つ
健康への恵みをタヒチ以外の世界に紹介した最初の
会社です。
ジョンは、同じく食品科学者であるスティーブン・
ストーリーとパートナーを組み、2年の歳月を費や
してタヒチアンノニジュースの製法を開発しました。

[記事タイトルB]

タヒチアンノニジュースは、世界中で1.8秒に1本のペースで
購入されるほどの市場に広がりました。
タヒチアンノニジュースは、あなたもすでに愛用してますでしょうか?
タヒチアンノニ インターナショナルは、今や世界50の国と
地域で販売拠点が開設され、多くの人々の健康維持に役立つ
存在となっているのが、タヒチアンノニジュースです。
その原料となる、タヒチアンノニジュースは、ジャガイモほどの
大きさをした、緑色でこぶだらけのトロピカルフルーツです。
タヒチアンノニジュースは長い間、南太平洋の島の人々の間だけ
で受け継がれてきたものでした。
タヒチアンノニ ジュースの中には150種類以上の有効成分が含ま
れているといわれています。それはノニが恵まれた自然の中で、環境汚染され
ていないところで農薬を 一切使わずに自生していることも大きく関
わっているのでしょう。

タヒチアンノニ ジュースのおすすめ使用法。

タヒチアンノニ ジュースは、健康補助飲料として、
はじめての方は1日30〜60mlを目安にのんでく
ださいね。
その後に、量や回数はお好みに合わせてタヒチアン
ノニ ジュース調整したほうがいいみたいです。
タヒチアンノニ ジュースを飲む前に、よくボトルを
振ってください。
タヒチアンノニ ジュース開栓後は冷蔵庫で保管し、
お早めに飲んでくださいね。
タヒチアンノニ ジュースに沈殿物が生じたり、
果実のガクが浮いたりすることがありますが、品質、
味には支障は無いと思います。
私は平気で飲んでます。
キャップのシールが破損しているものは飲まない方がいいかも。

Copyright © 2007 タヒチアンノニ ジュース情報